ワインに宿る大地のストーリー

   ポッジョ・レ・ヴォルピ社の拠点は、ローマ郊外の丘陵地帯コッリ・アルバーニに位置する モンテ・ポルツィオ・カトーネ。カステッリ・ロマー二周辺地域全体を形成するラツィオ火山の一部で、凝 灰岩質の丘の上に鎮座するこのエリアは、昔から農業に理想的な地として知られてきました。カリウム、リ ン、硫黄、マグネシウムなど豊富なミネラル分と溶岩、凝灰岩、砂などで構成された大地は肥沃で、良好な 排水と吸水を促します。
   州立カステッリ・ロマー二保護公園と18世紀の栗林に囲まれたモンテ・ポルツィオ・カトーネが誇る主な 産業は、ぶどう栽培とフラスカーティワインの生産。実際、カステッリ・ロマー二の町々の中でも特にワイ ナリーが集中している町のひとつです。モンテ・ポルツィオ・カトーネの斜面とローマの田園地帯に広大な 農地を所有するポッジョ・レ・ヴォルペ社。同地の主要なワイナリーの中でも、最も際立った存在です。