代々受け継がれる
家族経営ワイナリーの、 成長と躍進を象徴する
ポッジョ・レ・ヴォルピ社。

歴史

 ポッジョ・レ・ヴォルピ社のルーツを知るには、約1世紀を遡らなければなりません。創始者マンリオ・メルジェがワインとオリーブオイルの量り売り生産販売を開始したのが、1920年。この年に、全てが始まりました。マンリオの大地への情熱は、まず息子のアルマンドへ、そして孫のフェリーチェへ受け継がれ、1996年にポッジョ・レ・ヴォルピ社誕生。火山由来の豊穣な大地で、祖父の夢が現実となったのです。ポッジョ・レ・ヴォルピ社は、家族のワイナリー経営における最初のターニングポイントを象徴しています。  アルマンド・メルジェは、同社を設立したモンテ・ポルツィオ・カトーネを生産拠点に、ローカルから全国規模へビジネスを拡大。フェリーチェは、父の経営方針を引き継ぎ、醸造家となり、同社を率いる重要な存在として活躍しています。現在、クオリティと生産レベルにおいて、ラツィオ州の最も興味深いワイナリーの一つに成長を遂げたポッジョ・レ・ヴォルピ社。そのワインは、国内外のニッチなワイン愛好家たちに認められ、高い評価を獲得しています。  フェリーチェ・メルジェによって推進された、伝統的でありながらモダンで多様性のあるワイン造り。それは、野心的で多才な人々ならでは成し得ること。そう、マンリオ、アルマンド、フェリーチェのように。  1920年から始まった、大地と情熱、そしてクオリティの物語です。 語です。

ポッジョ・レ・ヴォルピが示すもの。それは伝統の価
値、ワイン造りの研究と改革への情熱、領地におけるフィ。
豊かなアンペログラフィ。