Roma Doc

Roma Doc
ローマ ドック

DOC
ローマ
マルヴァジア・プンティナータ 白ワイン
ワイン“ローマ”の歴史は、古代ローマ時代に遡ります。重税に苦しめられていたワイン生産者のブドウ畑の荒廃を抑制するため、テオドシウス皇帝はこれらの行為を行っていた人々を死刑に処しました。こうして教皇庁の領土では、“ローマ”の生産は保護され、強大な利益を産む商業として復活したのです。また、”ローマ”はある種のワインの品質や起源を示す形容詞でしたが、今日では、”ローマ”は限定地域でのみ生産可能なDOCワインのひとつです。  ポッジョ・エ・ヴォルピ社の最新作であるローマ・ビアンコは、古代ローマ時代の壮麗さや豪華さの記憶を蘇らせます。マルヴァジア・プンティナータは、フラスカーティDOCGを生産する主要なブドウ品種。ローマ・ビアンコは、カステッリ・ロマーニの火山性土壌で栽培されるマルヴァジア・プンティナータのみを使用しています。とても興味深い古代品種で、印象的なミネラルとクオリティを感じさせる芳香とワインに与える明るい色。まろやかでしっかりとした、素晴らしい味わいが楽しめます。 ます。
  • 栽培地 フラスカーティ、ピサーノ丘陵地隊 標高300〜350メートルに位置する自社畑
  • ブドウ品種 マルヴァジア・プンティナータ
  • アルコール度数 13%
  • 2017年 > ルカ・マローニ 97 ポイント

技術製品シート